会社案内 company

社長あいさつ

澤田 健規代表取締役社長 澤田 健規

街づくり人づくりで地域社会に役立つ澤田グループは、街のあなたの『応援団』!  おかげさまで創立70周年を迎えることができました。感謝・感謝・感謝の一語です。
 平成21年7月21日未明、前日来より降りしきる雨脚がひとしきり強くなってきた。災害を予見した澤田マンたちは、既に国道262号勝坂トンネル(佐波山隧道)付近に待機していた。第二陣を向わせた時、剣川で土石流が発生し国道を壊し、人命と財産を奪い去っていった。この地では昭和17年8月27、28日に発生した豪雨災害に次ぐ甚大な被害となった。66年の時を経て、今なおここに生き続ける澤田マンの魂がそこにはありました。
 あれから1年半、平成23年3月11日に三陸沖で発生した巨大地震が津波を起こし、多くの人命と財産、そして、大切な思い出と、夢や希望まで跡形もなく大海原は飲み込んでしまった。私の郷里が被災地に近いこと、身内に被災地出身者がいることもあり、わが身が平穏であることと、何よりも澤田マンとして身動きが取れない自分の不甲斐なさを思う矢先、女子社員から被災地へ救援物資を送りたいとの申し入れがありました。既に官民を問わず行われていた支援であったが、嬉しかった。そのとき感じました、「会社は生きている、ひと(社員)が会社を作っている。」と。
 70周年を迎えるまで、多くの先達たちが会社を去りました。建設業は、天変地異や景気や世論に翻弄され浮き沈みしてきましたが、弊社創業の念は今も生き続け、そして、正しい方向へと進化を続けています。これから向かう正しい方向とは、
 「街づくり人づくりで地域社会に役立つ澤田グループ」は、「街のあなたの『応援団』!」です。
 「がんばれ」と声をかけるのは「声援」、金銭や物品で支えるのが「支援」。そして、『応援』とは、「その人やその事業が、本来持っている良い点を引き出し、目標を達成させること、事業を成功させること」です。
 さあ、100周年に向けて、『応援』というご恩返しの道を歩いていこう。